出版センターの説明

中小出版社向け小ロット/低コスト出版サービス

協業各社の強みを生かし、「出版センター」として最適な印刷方式をご用意。

DOD出版センターは、印刷会社ではありません。印刷、印刷機器メーカー、流通、システムの各業界のプロフェッショナル企業が協力して集まった「出版センター」です。そのため、ロール式インクジェット方式やトナー方式など、書籍の内容、部数、納品日に合わせて、適切な印刷方式をご用意できます。

組織図

出版社様が主導のマルチベンダーモデル

  • スキャンし作成したデータや印刷にご提供いただいたコンテンツデータは、出版社様にお返し致します(コピーをセンターで保管)。
  • 出版社様とDOD出版センターでコンテンツデータを共有することで、素早い重版対応や在庫レスを実現します。
  • 制作した書籍は出版社様が指定した場所に納品させていただきますので、出版社が主導で販売経路の選択と価格決定をしていただけます。

単なるコストダウンではなく、持続的な出版活動をサポート

DOD出版センターを活用いただき、データ管理と小ロット印刷ルートを出版社様に持っていただくことで、出版社様の「在庫ゼロ、品切れゼロ」を当センターは目指しています。品切れ状態の書籍をなくし、いつでも小ロットで出版いただける環境をサポートすることで、出版社様の出版継続義務のための力添えになればと思っております。

より詳しい内容は、下記資料にございます。

DOD出版センターパンフレット(PDF)

2018.01.18 更新

DOD出版センター資料(PDF)

2016.12.05 更新